top of page
  • 執筆者の写真Kousuke Nishino

顧客獲得の負のスパイラル

更新日:2023年6月30日

From:西埜巧祐

@東京の自宅より..


昨日、顧客獲得マスターコースの方と、ご飯に行ってきました。コースに参加してから、70万円の売上が伸びた人。100万円をこえる月商になった人。最大で260万円の売上を伸ばした人もいました。さすが、、って思いました。


まだ、マスターコースに参加したての人もいました。ご飯会で話をした、顧客獲得の大事なポイントをシェアしておきたいなと思います。

*顧客獲得マスターコースは、私がやっている別事業の講座です。


顧客獲得における負のスパイラル



よくあるパターンが、顧客がいなくなってから「仕事探しを始める」というものです。このケースは、かなり危険な状態とも言えます。人間、不思議なもので、切羽詰まると、うまくやれていたことができなくなります。単価が下がったり、我慢して付き合わないといけない人が増えていきます。


そうなれば、専門分野の仕事もうまくいかなくなります。顧客獲得だって、エネルギーややる気が必要です。気持ちが下がれば、どんどん成功確率は下がります。


専門職の人で、うまくいかなくなる原因は、ここにあると思っています(これで、東京近郊に住んでいた場合、固定費が圧迫し、もっと大変になります。これでアウトです)。



集客活動をやめる意味はない

(投資活動をやめる意味はない)



先日の財務のセミナーにも通じるものがありますね。うまくいっている時ほど、集客をしなければいけない..ということです。「今仕事に困っている場合はどうなのか?」答えはシンプルです。集客活動をしなければいけないということです。


いずれにしても、「集客をする→顧客が増える→集客をやめる」というサイクルでは、負のスパイラルに入っていきます。


そうではなく、「集客をする→顧客が増える→集客をする→顧客が増える」というサイクルを続けないといけないのです。それが勝ち続ける人のスパイラルなのです。


「今、仕事がいっぱいで忙しいので、集客をやめているんです」という人がいますが、11年の経験から見ると、次に会うことは無くなるんだろうな、、、と思ってしまうようになりました。



顧客がいすぎて困る

顧客がいなくて困る

どっちがいいか?



答えは明白ですよね。大事なことは、目の前の決断1つで、未来が決まることもあるということです。私たちは集客活動をやめてはいけません。昨日のご飯会でも、「西埜さんが言っていたことで、ハッとさせられることがありました」と言われました。


この言っていたことというのは、何もないけれど、取り合えずリスト獲得や、集客活動をずっと続けていたこと(正確には始めていたこと)をシェアしたからです。


顧客獲得の負のスパイラルに入るのは簡単です。でも、目の前の決断1つで、良いスパイラルに入っていくこともできます。


今、きちんと顧客獲得活動ができているかを、ぜひ考えてみてください。


ー西埜巧祐


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page